ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt

ライン川クルーズ ~その6 オーバーヴェーゼル

LINEで送る
Pocket

シェーンブルク城(Schönburg)

現在は古城ホテルとして運営されているこのシェーンブルク城は築城いらいの城壁が残り、その美しい姿をとどめている。10世紀にザクセン家の皇帝によって建てられたとの事。

ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt
ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt

ローレライ(Loreley)

ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt
ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt

河の東に突き出た岸壁が航行の難所として恐れられローレライ伝説が出来たと言われる場所。川幅が狭くなり流れが急になること、川底に突然岩が現れる事などから事故が相次いだようだ。

ローレライ伝説とは、この岩山に美しい少女がたたずみ、船乗りを誘惑して遭難させるというもの。歌の題材にも使われる伝説。

ネコ城(Burg Katz)

ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt
ライン川クルーズ ~ Rhein-Kreuzfahrt

ザンクトゴアールあたりでは、左手にラインフェルス城(Burg Rheinfels)、右手にこのネコ城が姿を見せる。ネコ城(Burg Katz)は正面から見ると左右に耳の様な塔が建ちまるで猫の様な姿をしている事に加え、カッツェンエルンボーゲン伯爵ヴィルヘルム2世の名前に因んで、ブルクカッツェ、つまりネコ城という呼び名がついた。川岸に立ち並ぶ色とりどりの民家の上に悠々とたたずむ姿が絵になる。

このネコ城(Burg Katz)、現在はなんと日本人が所有しており一般公開はされていない。

ところで、ブルクカッツェ、と聞いてなぁーんか聞いた事あるなぁと思っていたら、あれだ!科学忍者隊ガッチャマンの悪役キャラ、ベルクカッツェだ。ブルクカッツェ、、、ベルクカッツェ、、、何か違うけど、インスパイアされたに違いない。ブルクは城、ベルクは山だけどネコはネコだし、このネコ城、どことなくベルクカッツェにも見えてきた・・・

ライン川クルーズ ~その7 ザンクトゴアールへつづく

Related Articles:

「ライン川クルーズ ~その6 オーバーヴェーゼル」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。